転職でシステムエンジニアになった際の将来

流行の最先端にあるIT業界で働こうと転職をしてシステムエンジニアになる人が多くなっています。その場合にはITに関わる仕事は未経験であるため、業界入りしても活躍することができないのではないかと考えられがちです。
実際には画期的なシステムを開発できている人は極めて少数であるものの、業界入りしてから確かな立場に立って働けるようになっている人が増えています。他の業界から参入してシステムエンジニアになった人の将来性は全体的に見ると高く、ITを専攻してきた人とは異なる能力を持っていることが着目されてキャリアパスが切り開かれているのが現状です。
その傾向として一般的なのが、以前行っていた仕事の関連分野の仕事につくようになるということであり、転職前のキャリアが最終的にはIT業界のキャリアにつながっています。ビジネス系からシステムエンジニアになった場合には現場経験をした後で管理職になるのが典型的です。ビジネスやマーケティングに関する知識や経験があることで、それを活用した経営に寄与していくことができます。
一方、実務系の職種から転職した場合には、もともといた業界において用いられるシステムの開発や管理を主な仕事としていくことになるのがよくある状況です。もとの現場の知識や経験にIT業界での経験が加わることで、より効果的なシステムの開発や管理が実現しやすくなるからであり、たとえ開発経験がなくてもこれまでの業務で携わってきた経験を活かすことで挑戦しやすく、未経験者がIT参入するコツでもあります。