仕事の面白さに着目した説得力ある志望動機

IT業界からは、システムエンジニアの仕事の大変さがよく聞かれます。仕事の忙しさから、この仕事は避けるというエンジニアもいます。
しかし実際にシステム開発の仕事に携わってみると、面白い部分があるのも事実です。物作りは、どのような形であれ面白さがあります。コンピューターシステムは、情報処理で世の中の役に立つものです。仕事で携わったシステム開発が、公共や企業活動の役に立っていると考えると、エンジニアには社会に貢献しているという自負が感じられます。
また厳しい仕事ほど、やり遂げた時の満足感が大きいのも面白い部分です。苦労して開発し完成させたシステムほど、エンジニアは強い愛着が感じられます。やり遂げた時の満足感に興味を持って、システム開発の仕事にチャレンジしてみる価値があります。
システム開発の面白さに気づくことは、就職活動でも大切な事です。システム開発の本当の面白さを知り志望動機に反映させると強い説得力があり、未経験者でも採用される可能性が上がります。
一方で志望動機の中では、志願者のガッツも評価されます。システムエンジニアとして働いてどうしても面白い仕事がしたいという意欲が、採用担当者の心を動かすポイントです。たとえ厳しい環境でも仕事をやり遂げる意志を示せば、未経験者も有望な人材として評価が得られます。システム開発の面白さを知り、なおかつガッツがある人なら、過去に開発経験がなくとも仕事はやり遂げられます。